小学校チャレンジ(2年生になりました)

難聴児の息子が地域の小学校に入学して2年目に突入です!

新担任について

昨年は女性の先生でしたが、今年は若い男性の先生になりました。

息子はさっそく「今日、先生がね~」といろいろ話をしてくれます。

面白いことが大好きな息子は、ユニークな今度の先生がすぐに好きになったようです。

「こんなこと言って、皆が笑ったんだよ~」と嬉しそうに話す息子を見て、私も嬉しくなります。

そういえば、1年生の終わりに

「みんなの話している声が聞こえなくて、みんななんで笑っているのかわからなくて、僕さみしいんだよ」

と言っていたのですが、今はどうなのかな?

気になって聞いてみたら、聞こえにくいのは変わらない、けど、わからなかったら友だちに聞くから別にいいんだ、と言っていました。

たくましい発言だなぁ、と思います。

しかし、聞こえなくても仕方がない、ということに慣れすぎるのもどうなのかな?と思ってしまいます。

授業中のクラスメイトの発言はせめてしっかり聞こえるように、工夫と対策でなんとかなりそうなもの。

もう少ししたら、学校と相談してみたいと思います。

一つ驚いたこと。

ロジャーの電池の減り方が、明らかに早いのです。

去年は、1回充電したら1週間はもっていたのに、担任が変わってからは、1日で半分くらい消費してきます。

これがふつうだよね。

去年は、なぜだか、上手くいってなかったけど、今年は期待できそう。

地声も大きい先生のようなので、そういう意味でも楽しみです。

f:id:paru10kun:20190509152535p:plain