ゆうとのこと(小学校チャレンジ!篇)

難聴児の息子が地域の小学校に入学しました!親の視点からさまざまな気付きを綴ります。

水泳の授業が始まりました

事前に担任や養護教諭と進め方を相談し、次のように決めました。

(1)アクアプラスは自宅から装着した状態で登校する。

(2)アクアプラスをしない側の体外装置は着替えの時にケースに入れて保管する。

(3)プールサイドではミニマイクロフォンは使用しない。

 

(1)アクアプラスをすると、マイクロフォンがシリコンケースの中に入るので当然聞こえが悪くなります。ですので、水泳授業の都度入れ替えをするのが理想です。

ただ、これを担任や支援員の先生にお願いするのは無理だと判断しました(後述します)。

本人ができれば一番良いのですが、これもまだ無理と判断。

私が水泳授業の度に行くということも考えましたが、息子がこれを拒否(恥ずかしいとかいろいろ)。

となると、もう、アクアプラスをしないで水泳授業を受ける、または装着した状態で学校へ行く、の2択しかありませんでした。

というわけで、いつもの「やってみて問題があれば方法を変えていく」ということにして、とりあえずは自宅からアクアプラスを装着した状態で登校しています。

アクアプラスをしているのはN6なので、他の授業はミニマイクロフォンで対応できるメリットがあります。

ロジャーと上手に使い分けできればいいなと思っています。

今のところ、特に本人に不満もなく、問題はないようです。

 

(2)うちの息子は右はN5、左はN6を使っていますので、N5はアクアプラスに入れずに登校しています。

着替えの時にケースに入れて保管するのは息子の自己責任で行っています。

 

(3)プールサイドではミニマイクロフォンを使用しない、というのは学校からの要望でした。

防水性のない機器の取り扱いには慎重にならざるを得ないということも理解できたので、今年は使用を諦めました。

息子に聞くと、アクアプラスをしていれば、先生の声はなんとか聞こえるから大丈夫と言っています。

今年はとにかく初めてなので、いろいろ様子見です。

 

プール開きの日に、息子の様子を見るために授業を参観しました。

あいにくの雨で、着替えの練習をする、という時間になりました。

担任が1名、支援員の先生が1名の2名で30名くらいの子どもたちの着替えを見守るのですが・・・結構大変でした。

慣れてくればもう少し落ち着いて着替えられると思いますが、こうした中で息子のアクアプラスの装着をお願いするのは無理だと感じました。

息子に練習させることは言うまでもありませんが、大人でも結構力がいるんですよね・・・。

短い時間の中でいろいろできるようになるためには、練習と慣れだと思います。

泳ぐことに関しては、幼稚園の頃からスイミングを習っているので不安はないようです。

学校にそれをお伝えしたら安心していたので、やっておいて良かったな~と感じています。