ゆうとのこと(小学校チャレンジ!篇)

難聴児の息子が地域の小学校に入学しました!親の視点からさまざまな気付きを綴ります。

人工内耳を友だちに壊された場合の対応

について、どの家庭も夫婦で話し合っているのかな?

うちはあんまりしたことがなくて(笑)

だから、いざというとき慌てました。

 

15時、いつものように「ただいま~」と帰ってきた息子の様子がちょっと変だったので「どうした?」と聞くと「人工内耳が壊れたかもしれない」。

え!?どうして?何があったの?と聞くと、昼休みに同じクラスの男の子とケンカをして、耳にかけていた人工内耳を取られて思い切り遠くへ投げられたというのです。

「急いで拾いにいったんだけど、着けたら聞こえにくくなってて・・・」

「それで、そのことは先生にいったの?」

「うん、言った。そしたら先生が怒ってくれた」

「どうしてケンカになったの?」と聞くと

ブランコの順番を待つのに並んでいたらその子が横入りをしてきたので、注意したらケンカになったとのこと。

慌てて連絡帳を開くと、たしかに「今日、友達に人工内耳を投げられたそうです。すみません」と書いてありました。

相手の子は違う幼稚園から来た子なので、お家もお母さんも知らなくて。

相手がどういう人かわかったほうが対応しやすいと思い、とりあえず同じクラスの仲良しのママ友に電話。

「○○さんって知ってる?」

「知らないなぁ~」

がくっっ。

そしたら、電話の向こうから子どもの声がして、「今日見てたよ!ゆうとくんの人工内耳を投げちゃったんだよ。それで壊れちゃったって言ってたよ」

子どもはよく見てくれてます。

「それは、相手の家に修理代を請求すべきだよ。これからもこういうことがあるかもしれないし、はじめが肝心だと思うよ」とアドバイスをもらい。

学校からの連絡も連絡帳だけどいうのは・・・ちょっと、とは思いましたが、連絡しようかどうしようか、迷っていた私に、

 

「ゆうとくんの大切な身体の一部を投げられたのと同じだよ!はやく電話して!」と背中を押してくれる友人に感謝。本当!その通りなのです。

 

小学生ならやっちゃいけないことくらいわかるだろうと思っていた自分の甘さも反省です。ただ今の時代、いろいろなお子さんがいて当然、我が子だって難聴で通常学級に在籍しているのだから。説明しても理解が難しかったり、配慮が必要なお子さんについては、やはり学校の管理責任だと思うのです。

来週、聴覚特別支援学校の先生が来て、1年生全員を対象に難聴理解授業をしてくれると聞いていた矢先だったので、本当に残念。

 

とりあえず、担任に電話をして詳しい状況を聞きました。

それで、故障したかもしれないことを伝え、修理代が発生するかもしれないこと、故意に投げて壊れた場合は保険が効かないことなども。

相手のお家にも、もしかしたら修理代を請求することになるかもしれないので、その旨をお話してくださいとお願いしました(自分でするのは嫌だったので)。

私からの電話で学校も「これはまずい」と気付いてくれたみたい。その後の対応は早かったです。

 

幸いにも、コードの断線で済みました。

 

追記

ちなみに、このような事例の場合、もし故障をしたら次の優先順位で保険請求をすればよいとのことです。

(1)加害生徒の親に個人賠償責任保険で修理費を請求する。

※もし相手が保険に入っていなかったり、相手保険が学校管理下での事故に対して学校側の責任を問うような事態になる場合は、次の(2)が適用される。

(2)学校管理下(休み時間)で起きたことは、学校が加入している賠償責任保険で修理代を請求する。

(3)自分の加入している動産保険で対応する(自分に過失がなければ、これは最終手段です)