ゆうとのこと(小学校チャレンジ!篇)

難聴児の息子が地域の小学校に入学しました!親の視点からさまざまな気付きを綴ります。

自分なりの地域貢献

ということで、スクールガードになりました。

毎朝、道路に立って通学中の子どもたちを見守る仕事です。

出勤前の朝の僅かな時間ですが、学校や地域の皆さんに息子がお世話になっているので、自分なりにできることを、と思って引き受けました。

ま~とにかく、うちの息子がよく転ぶので、抑止力になっていいかもな~とも思い。

勧誘してくださった方の顔を潰さないように、責任をもってやらなければ・・・。

昨日、学校で行われたスクールガード連絡会という会議に参加してきました。

学校からは校長先生や教頭先生が出席され、教育委員会からは学校教育課の方が1名出席されました。

さらにPTA役員の方もいて、気が引き締まる思いというかドキドキしっぱなしで・・・。

私なんかがここにいていいのだろうか・・・と。

シルバーの皆さんの中で、みょうに浮いていましたが、久しぶりの「新人」ということで熱く歓迎をしてもらいました。

経歴をお聞きすると、皆さんすごい方ばかりで驚きました。

日本中を転勤しまくってバリバリ働いていた超エリートビジネスマンの方は、リタイア後は子どもたちと関わるこの仕事がとても楽しいと仰っていました。

高学年になると「じじい」とか「うるせー」とか悪態をつく子もいますが、いつもニコニコ「そうか~、じじいで文句あるかぁ?」と相手をしてくれるスクールガードさんを子どもたちはとっても好きなんだな~と感じます。

先日、学校の前で立っていたら、冴えない表情をした女の子が歩いてきて、「おはよう」と挨拶をしても「・・・」

すると、一緒に立っていたスクールガードさんが「なんだぁ、また今朝もお母さんと喧嘩したのか~」と言ってその子の頭を軽くポンポンと叩いて学校へ送り出しました。

そして私に「あの子は、普段は大きな声で挨拶をする子なんだけども、たまに家で嫌なことがあると、そのまま気持ちを引きずってくるんだよなぁ」と教えてくれました。

「朝くらいはいい気分で送り出してもらいたいけんど、お母さんも朝は忙しく気が立ってるのもあるだろうから、仕方ないけどなぁ」

「この前も、俺んとこ来て、家で怒られたって言ってたけど、がんばれ言うたら、うんって言って学校行ったよ」

スクールガードさんは、子どもひとりひとりの家庭での様子も配慮しながら、表情や仕草からその日のコンディションを見抜いて対応してくださっているんだなぁ、と驚いたと同時に大変感銘を受けました。

校門に入ると表情を引き締める子もいます。

一番生々しい素の表情が観察できるのが、朝の登校時なのだと勉強になりました。

他の地域の子どもたちの関係もわかって面白いです。

スクールガードはボランティアです。

でも、見てもらえるのが当たり前と思っている人も中にはいると思います。

窓から覗くだけのお家の方もいますが、目があったら軽く会釈でもいいから挨拶くらいしようよ、と思います(笑)

雨の日でも風の日でも、毎日子どもたちを見守ってくださる方がいるからこそ、安心して子どもを送り出せるのだと言うことを忘れたくないですね。

私も、やってみて初めてわかることが沢山ありました。

相手にお願いするだけではなく、自分も行動して、それが心の担保になってまたお願いができる、ということを忘れないようにしたいと思っています。

人と人との関係は、一方通行にならなければ大抵のことは何とかなると、去年からいろいろ学んできたことをまた思い出しました。

学校のスクールガード連絡会で話し合わせる内容はいろいろですが、保護者にはなかなか伝わらない情報なども聞けて、こういう形で学校に関わるのもいいかもしれないなぁと、感じて帰ってきました。

校長先生や教頭先生とも話す機会がぐんと増えます。

PTAとは違った関わり方もあるので、面白いと思います。

たまに、校外学習の付き添いのお手伝いなどのあるようなので、もし1年生の行事を頼まれたら手をあげよ~っと、とかいろいろ。

息子は私が貸与されたスクールガードの制服を着ていると「かっこいいね~」と言ってくれます。

「ちょっと貸して」と言ってスクールガードのド派手な蛍光オレンジの帽子をかぶって、鏡に向かってポーズを決めたり。

今は物珍しくて嬉しい気持ちもあると思いますが、これから心が成長して、自分の母親が道で立っていたら恥ずかしくて嫌だ、と思う時期もくるかも知れません。

でも、大人になって、あれは母なりの地域貢献の形だったんだな、と思い出してくれればいいなと思っています。

そして、「自分は地域に育ててもらったんだ」ということに気づき、自分に関わってくれたすべての人ひとりひとりの顔を思い出してくれたら嬉しいです。