ゆうとのこと(小学校チャレンジ!篇)

難聴児の息子が地域の小学校に入学しました!親の視点からさまざまな気付きを綴ります。

運動会について

時間割が大きく変わっているようです。

特に「道徳」が科目に加わり、評価の対象になりました。

といっても、数字で評価されるのではなく記述式の評価なので、先生方は大変だな~と思います。

家庭では、道徳の教科書にはどんな内容が書かれているのか親が知っておくことは重要です。

個人が前より道徳的成長をどれだけしたかが評価となるので、うちの子の考え方って現状はどうなのかな?あれからどう変わったのかな?とたまに確認しておこうと思います。

先日、担任の先生から電話がかかってきました。

「これから運動会の練習がはじまるので、どんな配慮が必要か教えてください」とのことでした。

運動会の種目を聞くと、かけっこ、玉入れ、ダンス。

この中で配慮すべきこと・・・。

例えば、かけっこの「よーい、ドン」の鉄砲の音でタイミングをつかめるだろうか?とか、まぁ、あとはダンスですよね。

幼稚園のときも、「よーい、ドン」の「ドン」のときに、先生に手でGO!の合図を出してもらっていたので、今回もそれをお願いして、後は何もお願いしませんでした。

ダンスは一糸乱れぬ・・・というのは、どんなに頑張っても無理なので、周りの子を見ながらワンテンポ遅れ気味のダンスでいいでしょうか?と聞くと、「いいのいいの、楽しく踊ってくれればそれで。他の子もみんなそうだから。」と言ってもらえたので、本人に任せることにしました。

玉入れも楽しくできたらそれでいい。

なんだ、運動会だからってそんなに身構えることないんだな、という感想。

 

運動会前なのに、学校も子どもたちも「穏やか~」に過ごしているようです。

時代も変わったな・・・。

 

運動会の練習ばかりに時間が取れないのかな、とも思います。

行事は流していかないと授業時間数を確保できず、先生方も苦労されておられると感じます。

今年は新学習指導要領の移行措置の1年目なので、行事の取扱いも大きく変わりました。

とにかく、行事は簡単にやりたいんです。ということが学校のお便りでもひしひし伝わってきます。

なので、運動会もそのときに特化した特別なことはしないで(練習時間がないので)、普段から体育でやっていることを発表する場にしましょう(練習しなくてもできるものを)という流れに変わってきました。

これは難聴児には朗報と私は受け止めています。

 

先日、通級指導教室に通う子どもたちが初めて集う「春のつどい」というイベントに参加してきました。

そこで上の学年のお母さん方に運動会ではどんな配慮をお願いしているか質問をしたら、みなさん「なにもしてませ~ん」ということでした。

運動会は仕切る先生がとっかえひっかえ変わるから、マイクをまわして・・・なんて不可能らしいです。

子どもも「ガサガサ音が耳障りだから、ロジャーは運動会ではつけたくない」と言うそうです。

ふ~ん、そうなんだ。

完璧にやろうとさえ思わなければ、その方がお互い楽だし、いいよね。

そんな風に思える今の時代は、やはり、難聴児にとっては「いい時代」なんだろうなぁ~。