ゆうとのこと(小学校チャレンジ!篇)

難聴児の息子が地域の小学校に入学しました!親の視点からさまざまな気付きを綴ります。

そろばんを習っています

年長さんの終わり頃から、そろばんと英語を習い始めました。

うちの習い事を選ぶ時の基準は、「自分で教えられないことは他人に任せる」なので、とりあえず絶対に教えられないそろばんと、ネイティブの英語だけは、お金を支払ってでも教えてもらおうと。

それ以外の自分の得意分野、ピアノとか水泳とか、パパだったら勉強とかは自分たちの責任で教える、ということに決めています。

湯水のように使えるお金があれば、手当たり次第にプロにお任せしたいところですが、所詮しがないサラリーマン。子どもの教育費に使える額というのも限度がありますので。

習字も本当は習わせたかった・・・けど、断念しました。というのも、そろばんが週3日もあるのです。これって普通なのかな?それに英語に通っているので、平日は4日も習い事をしていることになります。それに習字を加えたらさすがに一年生には厳しいんじゃないかと思い、諦めました。

そろばんですが、掛け算を覚えないと先に進めないということで、毎日YouTubeで「学研の九九の歌」を聞かせて(見せて)います。ドラえもんの九九の歌がいいよ~とか、いろいろママ友からもおすすめされましたが、一番シンプルで視覚的にもドッツがわかりやすかった学研をチョイスしました。

”いんいちがいち、いんにがに、いんさんがさん、いんしがし~♪”

耳に残るメロディー。料理しながら鼻歌が九九の歌になってる(笑)

1×1は1が1個という意味で、1×2は1が2個という意味。これがドッツを見ると一目瞭然。とても理解しやすいです。

www.youtube.com

そろばんにおいては、いんいち”が”いちの”が”がとても役に立ちます。

そろばんに通い始めて暗算が「得意」だと自信がついたようで、家でも100マス計算を遊び感覚でやっています。

私は暗算が苦手で、小さい頃は両手の指が足りなくなるとフリーズしていました。そろばんをやっている友だちが暗算が速いのを見て「すごいな~」と憧れの眼差しで見ていたことを思い出します。

計算が速いことはいろいろ役立つので、このまま好きになってくれるといいな~と思っています。